合宿免許が安い理由

collum110

決して少額ではない、運転免許の取得費用。できるだけ安く済ませたいですよね。そんなあなたは、安い合宿免許を探しているはず。でも、宿泊費や食費などが含まれているにもかかわらず、それらがない通学プランより安くなることに、不安や疑問を抱えていませんか?

ここでは「合宿免許はなぜ安いのか?」という素朴な疑問から。安くてクオリティも納得のいく合宿免許の見つけ方まで、様々なテーマでお伝えします。


なぜ合宿免許の費用は安いの?

合宿免許の値段が安い理由は、大きく分けて2つあります。「コストが最小限になるから」と「ボリュームディスカウントができるから」という理由です。教習所側のメリットを詳しく見ていきましょう。

「コストを最小限にできる」ということは、効率のよい教習所運営ができるということです。教習所があらかじめスケジュールを決めて募集を行いますから、時間に無駄がありません。また、募集時点で参加人数がわかりますから、指導員を効率よく配置することができるのです。合宿を実施している教習所の多くが地方にあることも理由の1つでしょう。都心と比べると地価や物価が圧倒的に安いですから、料金に還元できるというわけですね。

「ボリュームディスカウントができる」とはどういうことでしょうか。合宿免許の場合は参加者が全国から集まります。そして、人数が多く集まれば集まるほど、宿泊や食事などのコストも同時にボリュームディスカウントできるのです。約2週間という短い期間もコストダウンが可能な理由です。通学に比べ短期間で卒業していきますから、回転数が上がり、多くの教習生を受け入れることができるのです。

合宿免許には危険性はない?

ところで、合宿免許には柄の悪い人が集まるといった、少し怖い噂を耳にすることはありませんか? それゆえ、よく親御さんからは「女性一人では危ないからやめなさい」と言われることもあるでしょう。

しかし、現在の教習所はセキュリティもしっかりしている施設が多いですし、仮に合宿中にトラブルが発生した場合も、指導員が親身に相談に乗ってくれます。親御さんの中には合宿免許の危険性を訴えられて、困っている人もいるかもしれません。そんなときは教習所のホームページを見てもらってください。きれいな施設、そして笑顔の入校生の写真が並んでいるので、疑いも払拭できるのではないでしょうか。

値段も質も満足できる合宿免許の見つけ方とは?

インターネットの口コミなどを教習所選びの参考にしている人は多いことでしょう。ただ、他の人が満足しているからといって、自分も満足するとは限りません。納得のできる合宿免許選びの最大のポイントは、自分の考えに従って決めることです。そのためには、自分の価値基準を明確にすることが必要です。

とはいえ、最初から自分の希望が明確とは限らないはず。調べながら絞り込んでいきましょう。他の条件との兼ね合いはいったん脇に置いて、それぞれの条件でベストな希望をすべて書き出してみた後で、優先度を比較しながら教習所を絞り込んでみるといいかもしれませんね。

【行きたいエリアから探す】

自宅からアクセスしやすいところがいいのか、それとも、ちょっとした旅行気分が味わえる遠方の教習所がいいのか。自然豊かな山間の教習所か、それとも田園風景の広がる郊外か…などなど、教習所の周りの環境だけでも選択肢が広がります。

【部屋のタイプから探す】

相部屋、シングル、ツイン、トリプルなど、合宿免許で割り当てられる部屋は教習所によって様々です。プライベート重視ならシングルでしょうし、友達とわいわい楽しみながら免許をとりたい人なら相部屋が良いでしょう。自分の性格に合わせて選ぶのが吉です。

【入校時期から探す】

春休み、夏休み、冬休みなどの学生の長期休業期間には、合宿免許のプランを準備している教習所がたくさんあります。

【車種から探す】

言うまでもなく、将来どのような車を運転したいかで決まります。また、最近人気が高いのが、BMWなどの人気車種で練習ができる教習所です。カーマニアならこだわりたいポイントです。

【特色から探す】

最近の教習所はとにかく豪華。リゾートホテル並みにヘルシー&新鮮な食事が出たり、温泉が完備していたりと、まるで旅行気分に浸れる施設が多いのです。

【ランキングサイトから探す】

インターネットは生の声を聞くことができる場。多くの人に選ばれている教習所は、それだけ設備も内容も優れていることが多いのです。

【体験談から探す】

教習所のホームページだけでは知ることができない、施設の内外の情報や、実際の講習内容などは事前にリサーチしておくといいでしょう。リアルタイムな情報発信であればなお信憑性も高いといえます。

まとめ

いかがでしたか? 合宿免許が安い理由、そして教習所の選び方の参考になりましたでしょうか。ここで示したことはあくまでも一例です。申込みをする前に、その合宿免許のプランが本当に自分に合ったものなのか、もう一度確認してみると良いでしょう。