免許を一発試験で再取得するには?合格への手引き

colum312

免許を再取得するのに、あまり費用や期間をかけたくないですよね。一発試験なら費用も期間もかかりません。でも、落ちてしまったら逆にお金がかかるのではないか?自分も合格できるのか?どうやって練習したらいいか?など、疑問や不安を持っている方のために、一発試験の流れについてまとめました。


一発試験のメリット・デメリット

【メリット】

・費用安い
教習所に通うと大体25~35万程度の費用がかかります。しかし、運転免許センター(運転免許試験場)で一発試験を受ける場合には、受講手数料と講習料金だけなので費用の負担も少なくて済みます。

・受験までの時間短縮
免許の再取得を考える際、一番の悩みどころは技能と学科の教習時間だと思います。技能教習については31時限以上(AT車)、学科教習については26時限以上の教習を受けなければなりません。一度通っている身としてはその時間の長さを身に染みて感じているわけで、なんとか時間短縮をしたいところです。ただ、一発試験の場合は、これらの教習時間を技量次第で短縮することができます。

【デメリット】

・緊張しやすい
一発試験という言葉自体にも「後がない」という緊張感がありますが、初めての環境での受験という点でも緊張しやすい状況かと思います。合格率の低さも変にプレッシャーとなってのしかかってくるかもしれません。

・不合格時の理由がよくわからないことがある
試験に不合格となった場合、一体どこの部分が間違えていたのかが分かれば、その後の対策もしやすくなりますが、不合格となった理由を教えてくれるほど甘くはありません。実際には一言程度のアドバイスを受けて終了です。そのため、どうしても合格できないという場合は、費用や時間の面倒はかかりますがスクールに通ったりするなど対策を施すことが賢明です。

・休日は受験不可
場所によっては試験を受けられる曜日が限定されていることもあります。例えば、平日のみ試験を行っている所には、休暇を取得しないと行くことができません。また、教習所卒業生なら受けられるのに、一般だと受けられる曜日が限られていたりもするので注意が必要です。

・不合格になった場合に何度も試験場まで行くのが大変
自宅から試験場まで近い場合には、それほど気にならないかもしれませんが、遠い場合には費用も時間もかかります。そのため、不合格になった場合には何度も試験場に行くことになり費用の負担が大きくなります。試験場まで遠すぎて、試験場の近くに宿泊するなどという場合には尚更です。

 

普通車一発試験の受験方法

【費用】(仮免許の場合)

・申請手数料:2,900円
・車両手数料:1,450円
・仮免許の交付手数料:1,150円
(本免許の場合)
・申請手数料:2,550円
・車両手数料:800円
・交付手数料:2,050円

【持ち物】

(仮免許)
・本籍記載の住民票(外国籍の方は国籍記載の住民票)
・現に運転免許証(有効な仮運転免許証を含む)を受けていない方は、健康保険の被保険者証、住民基本台帳カード、パスポート、その他の書類で、免許申請者が本人であることを確認できるもの
・申請者用写真(2枚)
縦3cm×横2.4cm、申請前6ヶ月以内に撮影、無帽、正面、上三分身、無背景

(本免許)
・他の種類の運転免許を既に取得している方は、その免許証
・本籍記載の住民票(外国籍の方は国籍記載の住民票)
・現に運転免許証(有効な仮運転免許証を含む)を受けていない方は、健康保険の被保険者証、住民基本台帳カード、パスポート、その他の書類で、免許申請者が本人であることを確認できるもの
・仮運転免許証
・路上練習申告書
・申請者用写真(1枚)
縦3cm×横2.4cm、申請前6ヶ月以内に撮影、無帽、正面、上三分身、無背景
◆運転免許の取り消し処分を受け、その後初めて免許を取得する方は「取消処分者講習終了証書」

【手続きの流れ】

(仮免許)
申込書の作成→受付→適正試験→仮免許学科試験→合格→仮免技能試験日の予約→仮免技能試験→合格→仮免許交付

(本免許)
申込書の作成→受付→適正試験→学科試験→合格→技能試験の予約→技能試験→合格→(指定教習所にて)普通車講習及び応急救護処置(一)講習→写真撮影(後日)→免許証交付(後日)

学科試験

【きちんと覚えよう!間違いやすいポイント一覧】

学科試験では分かりづらい表現や勘違いしやすい点が問題として出されます。学科試験でおさえるべきポイントをいくつか挙げてみます。

・標識と表示の種類と定義

標識には見た目がすごく似ていたり(イラスト)、補助標識があるかないかで意味が全く異なるものだったりと、しっかりと覚えていないと勘違いしてしまうものが多々あります。例えば、車両通行止めや駐車禁止などは色が違いますが、双方とも斜線が入っているなど見た目がそっくりです。

・徐行と減速の違い

一見同じように感じる徐行と原則は、全く意味の異なるものです。
徐行:ブレーキをかけて1m以内で停止できる速度。
減速:速度を下げること。

・追い越しを禁止する場所

追い越しが禁止されている場所の問題もよく出題されます。
・道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近または勾配の急な下り坂
・トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る)
・交差点、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に30m以内の部分

技能試験

技能試験で気をつけるべきポイントをいくつか挙げてみました。教習所ではさまざまなことを習ったと思いますし、感覚として身に付いていると思いますが、いざ試験となり試験管を前にすると、「あれもこれもやらなきゃ…」と気にして緊張して体が硬くなってしまうでしょう。少々の減点は仕方ないと開き直ることも気持ちの上では大切です。

【教習所で習うことの一例】

・車に乗る前(安全確認)
・発車前のミラー調整
・運転中のミラー確認(頭ごと動かす)
・左折時に路肩から離れすぎない
・加速と減速と徐行
・安全確認(進路変更、右左折)
・優先道路を走っている車の進行を妨げない
・見通しの悪い交差点での左右安全確認
・踏切での窓開け
・坂道発進
・S字やクランクの切り返しもバックする時は後方確認
・一時停止は停止線より手前で
・ポールと発着点での停車位置

【一発試験前までに技能はどのように練習すればいいか】

<本免許試験を受ける場合>

指導者同乗のもと、路上教習ができます。路上教習では仮免許プレートをつけて行いますから、周りの車も配慮してくれます。教習所内のコースでは起こりえないさまざまなことが起こりますので、適切な判断が求められます。やはり、路上での運転の場数を踏んで、さまざまな状況を体験しておくことが重要です。

<仮免許試験を受ける場合>

仮免許試験に向けた練習としては、教習所での練習しかありません。例えば、運転に自信がもてないとすれば、普段よりも一周コースを多く回ってみたり、自分の苦手なチェックポイントを意識しながら実戦を繰り返したりするしか方法はありません。運転の際の目線やハンドルの握る位置、ミラーの確認、ブレーキのタイミングなど、感覚に覚え込ませることが一番です。

まとめ

一発試験には時間や費用の節約といったメリットがありますが、普段とは違う状況のため、より緊張感のある試験になるでしょう。過去の知識や運転技能によほど自信がない限りは万全の準備を整えてから臨むべきです。また、運転免許再取得にあたっては個々の状況により、仮免許試験があったり、本免許試験だけだったりと再取得までの過程が変わります。そうした基本的な情報も抑えながら、油断せずに臨みましょう。不合格が続いたりすれば、スクールに通って出直したりと当初予定していた予算をオーバーすることもあり得ます。一発試験の合格率が低いことを肝に銘じておきましょう。「一度受かっているから」という気持ちが一番の敵かもしれません。