車両系建設機械の資格種類と業務内容一覧

colum329

車両系建設機械を運転するには、技能講習または特別教育を修了する必要があります。でも、初めて取得する場合は、色々な種類があってどの資格を取得したらいいかよくわからない人も多いのではないでしょうか。ここでは、資格の種類とそれぞれで可能な業務についてお伝えします。

車両系建設機械の資格にはどのような種類があるか?

車両系建設機械を動かせて作業をするには、資格を取得する必要があります。車両系建設機械の資格は、「整地用」「解体用」「基礎工事用」「コンクリート打設用」の4種類あり、それぞれの資格はさらに「運転技能講習」と「特別教育」に分かれています(コンクリート打設用は特別教育のみ)。運転技能講習を選ぶか特別教育を選ぶかは、扱いたい建設機械によって異なり、機体重量が3t以上の車両なら運転技能講習、3t未満の車両なら特別教育の資格が不可欠です。ちなみに、正式には、3t以上の車両が「車両系建設機械」、3t未満の車両は「小型車両系建設機械」という名称です。下記に、それぞれの資格と、取得することで使用できる車両と従事できる業務をまとめていますので、参考にしてください。

資格種類 機体重量 必須講習 操作可能機体 従事できる業務
整地用 3t以上 技能 ・ブルドーザー
・トラクターショベル
・油圧ショベル
・ドラグライン
・バケット掘削機など
左記機体を使用した整地・運搬・積み込み、掘削業務
3t未満 特別 ・ブルドーザー
・トラクターショベル
・ホイールローダーなど
解体用 3t以上 技能 ・ブレーカなど
・鉄骨切断機
・コンクリート圧砕機
・解体用つかみ機など
左記機体を使用した解体業務
3t未満 特別 ・ブレーカなど
・鉄骨切断機
・コンクリート圧砕機
・解体用つかみ機など
基礎工事用 3t以上 技能 ・くい打機
・くい抜機
・アース・ドリル
・アース・オーガー
・せん孔機など
左記機体を使用した基礎工事業務
3t未満 特別 ・くい打機
・くい抜機など
コンクリート打設用 特別 ・コンクリートポンプ車 左記機体を使用したコンクリート圧送業務

※必須講習における「技能」は運転技能講習、「特別」は特別教育を表しています。

車両系建設機械の資格取得を目指すなら、運転技能講習を受けた方が、操作可能機体が多いため、あらゆる現場で働くことができます。もちろん運転技能講習を受けていれば、特別教育を受けて操作可能となる3t未満の機体も扱うことができます。建設関係の仕事を検討している人がまず取得を考えるのが大型(特殊)免許ですが、実は大型(特殊)免許だけを持っていても建設機械を使った作業をすることはできません。大型(特殊)免許でできるのは公道での運転です。そのため、建設機械を使った作業を仕事に考えるのなら、車両系建設機械の資格も取得しておきましょう。また逆に、車両系建設機械の資格だけ取得し、大型(特殊)免許がない場合は、現場での作業をすることはできても、公道を運転することはできません。車両系建設機械の資格と大型(特殊)免許の両方を持っていることがもっとも有利です。とくに、河川工事や道路工事の現場においては、両方持っていることを条件として求人を出している場合も多く見受けられます。

車両系建設機械(整地用)

特別教育

那須クレーン教習所の料金と日程詳細はこちら

受講資格 講習時間 学科 実技 期間 テキスト代 受講料目安
なし 13h 7h 6h 2日 1700円 15,000~16,000円

運転技能講習

那須クレーン教習所の料金と日程詳細はこちら

受講資格 総講習時間 学科 実技 期間 テキスト代 受講料目安
大型特殊免許所持、または大型・普通免許を所持し3か月以上車両系建設機械運転経験(3t未満)あり 14h 9h 5h 2日 1,700円 36,000~41,000円
6か月以上車両系建設機械運転経験あり 18h 13h 5h 2日 35,000~38,000円
なし 38h 13h 25h 6日 90,000~100,000円

大型(特殊)免許とセットで取得するなら、東京からわずか1時間程度で行ける那須クレーン教習所がおすすめです。

車両系建設機械(解体用)

特別教育

受講資格 講習時間 学科 実技 期間 テキスト代 受講料目安
なし 14h 7h 7h 2日 1,030円 14,000~16,000円

運転技能講習

那須クレーン教習所の料金と日程詳細はこちら

受講資格 総講習時間 学科 実技 期間 テキスト代 受講料目安
車両系建設機械(整地用)技能講習修了 5h 3h 2h 1日 1,800円 20,000~24,000円

車両系建設機械(解体用)の運転技能講習を受けるためには、車両系建設機械(整地用)の技能講習を修了しておく必要があります。そのため、他の資格よりも少々難しいと言えるでしょう。
また、車両系建設機械(解体用)の資格が必要な建設機械はブレーカだけでしたが、平成25年7月1日の法改正により、鉄筋切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機の操作にも資格が必要となりました。鉄筋切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機が必要な現場での作業を検討しているなら、事前に必ず資格取得しておきましょう。
なお、那須クレーン教習所では、車両系建設機械(解体用)の資格取得も可能です。

車両系建設機械(基礎工事用)

車両系建設機械(基礎工事用)の特別教育と運転技能講習については、那須クレーン教習所では実施していません。
各地域の技術教習所や技能講習協会へ確認してください。

特別教育

受講資格 講習時間 学科 実技 期間
なし 13h 7h 6h 2日

運転技能講習

受講資格 総講習時間 学科 実技 期間
移動式クレーン免許所持 9h 4h 5h 2日
大型・普通免許を所持し3か月以上車両系建設機械運転経験(3t未満)あり 25h 10h 15h 4日
運転技能講習(整地・解体)修了
大型特殊免許所持
なし 39h 14h 25h 6日

車両系建設機械(コンクリート打設用)

車両系建設機械(基礎工事用)の特別教育と運転技能講習については、那須クレーン教習所では実施していません。
各地域の技術教習所や技能講習協会へ確認してください。

特別教育

受講資格 講習時間 学科 実技 期間
なし 12h 7h 5h 2日

まとめ

車両系建設機械を使った業務を行う予定のある人は、使用する機体に合わせて、早めに技能講習または特別教育を修了しておきましょう。資格は、機体重量が3t以上であれば技能講習、3t未満であれば特別教育、と異なります。技能講習を終了しておけば、3t未満の建設機械の操作もできるので重宝します。大型特殊免許を持っていない人は、同時に取得しておきましょう。業務の幅が広がります。車両系建設機械(整地用)もしくは車両系建設機械(解体用)と大型特殊免許の同時取得を目指すなら、那須クレーン教習所がおすすめです。那須クレーン教習所は、東京より1時間程度と行きやすく、合宿で集中的に資格取得に励むことも可能です。あらゆる現場で活躍できるように、ぜひ那須クレーン教習所で技術と知識を養いましょう。