春休みの合宿中にできる卒業式の一時帰宅の案内と注意事項。北海道から沖縄まで全国からご予約受付中。合宿免許の那須高原合宿予約センター

那須高原合宿予約センター
プラン

春休みプラン

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 卒業式に一時帰宅できる合宿免許プラン
春割プラン

卒業式には合宿免許先から一時帰宅ができます

「卒業式があるから合宿で入校できないな~」
「年末年始は友達と遊びたいけど、合宿できるかな」とお悩みのあなたへ
合宿免許の参加をあきらめないで下さい!通常、合宿免許は毎日連続して運転技能教習や学科を受けることが前提になりますが、当グループ校では学生の皆様のご要望にお応えして「卒業式」や「卒業式の予行練習」の時だけ一時帰宅が可能です。

卒業式のため合宿免許一時帰宅プラン

一時帰宅プラン

卒業式や卒業式の予行練習の日に限り、合宿免許先から一時帰宅が可能です。
学生の皆様にとって、卒業式は学生最後の一大イベントですよね!
私たちはそんなあなたの思い出づくりを応援します。

合宿免許から自宅へ一時帰宅する場合の確認事項

合宿免許期間中一時帰宅する場合の確認事項は次の通りです。

  • 合宿免許ご予約時に一時帰宅する日をしっかりお伝え下さい。
  • 一時帰宅後、所用が終わりましたらすぐ再入校していただき教習が再開します。何日間も帰宅はできません。
  • 一時帰宅した場合、最短の卒業予定日が最低でも2~3日は伸びてしまいます。 (例えば普通車は最短15日間で卒業可能ですが、一時帰宅すると最短でも18日~25日位かかります)
  • 合宿免許へ戻って来た時のその後の教習スケジュール等は、一時帰宅前に教習所で確認して下さい。

当グループ校で合宿免許を予約するメリット

一時帰宅可能な合宿免許に参加できる対象の教習所は、全て栃木県にあります。 首都圏に近く東京や仙台からであればから新幹線一本でのアクセスです。そのため、気軽に一時帰宅することが可能です。 なお、一時帰宅プランは、卒業式や年末年始の時期のみが対象です。基本的にそれ以外の理由で合宿免許期間中一時帰宅をすることがはできません。

当グループ校で一時帰宅可能な教習所

当グループで一時帰宅可能な合宿免許先、教習所とその時期を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

対象の自動車学校 さくら那須モータースクール・那須自動車学校・岡本台自動車学校
対象車種 普通車AT/MT
入校時期 2019年3月
合宿料金 相部屋の場合
3/1~3/13 305,000円(税込329,400円)
※MT車は16,200円(税込)プラスになります。
帰宅可能日数 1〜2日間 ※期間については要相談
延長日数 卒業は最低3~5日間は基本日数より延びます。
宿泊の保証 一時帰宅中でも宿泊の保証日数にカウントされます。
再入校の宿泊所 一時帰宅前の宿泊施設とは異なる場合があります。
備考 再入校日やその後の教習スケジュールは基本的に教習所の指定になります。修了検定日や卒業検定日は決まっているため、その検定日に合せたスケジュールになります。

例外的に合宿免許で一時帰宅が認められるケース

卒業式以外にも合宿免許の参加の際に、一時帰宅が認められるケースがあります。 卒業式以外に合宿免許で一時帰宅が認められるケースは次の通りです。

  • 年末年始
  • 合宿期間中にケガや体調不良になった時
  • 身内に不幸がおきた時
  • その他、一時帰宅する事由があると認められる時
  • 仮免学科試験に3回不合格した場合

合宿免許は毎日教習することが前提なので教習所側としては「一時帰宅」はあくまで例外的な措置です。従って教習所側の提案通りに進めていただくことになります。
本来は自分の都合で運転技能教習や学科などの教習スケジュールを変更した際の費用は、お客様が負担することになっていますので、宿泊費などの追加料金や手数料が発生する場合もあります。
また一時帰宅後の教習スケジュールは、一時帰宅以前の教習の進み具合によって異なります。
法令では普通車(普通車AT・普通車MT)と二輪車の教習期限は9ヶ月、卒業検定期限(第二段階のみきわめを得た日から)は3ヶ月となっており、これらの期限を過ぎてしまった場合は、最初から教習をやり直しになる場合も考えられます。そのため、一時時帰宅の期間はできるだけ短い方がいいでしょう。
また、再入校が面倒になり教習期限や卒業検定期限が切れてしまった方も中にはいらっしゃいますので、合宿免許で一時帰宅を検討している方は、できるだけ再入校しやすい自宅に近い合宿校を選ぶようにしましょう。
合宿免許は急なスケジュール変更があると教習車両、宿泊施設、指導員、食事の手配、他の教習生との調整をしなければなりません。よって合宿免許予約時または申し込み時には必ず一時帰宅する旨をお伝え下さい。
その際にできれば一時帰宅後の再入校できる日を伝えると、教習所としても非常に助かります。

仮免学科試験で3回不合格になってしまうと一時帰宅が必要となってしまう

合宿免許では、合宿期間中に仮免の試験を受講します。その仮免の試験で、3回不合格が出てしまった場合には、自費で一時帰宅をして、地元免許センターで仮免を取得後、再入校になります。これは当グループ校のどの自動車学校でも同じ対応になります。
地元免許センターで仮免を取得する場合には、写真、保険証やパスポートなど身分を証明書するものまたは住民票が必要になります。
なるべく仮免は早めに合格できるようにがんばってください。
合宿免許期間中の一時帰宅はあくまでも例外措置です。後々、日程や教習内容などのトラブルにならないためにも、注意事項を念入りに確認してから合宿免許の予約を取るようにしましょう。

  • ご予約の際に一時帰宅の話がない場合は一時帰宅が出来ません。入校後の申請は認められませんので、ご注意下さい。
  • 一時帰宅後の所用が終わりましたらすぐ再入校していただき教習が再開します。何日間も帰宅はできません。
  • 一時帰宅した場合は最短の卒業予定日が最低でも3~5日は延びます。予めご了承下さい。 (例えば普通車は最短15日間卒業可能ですが、一時帰宅すると最短でも18日~25日位かかります)
  • 一時帰宅後の教習スケジュール等は、「一時帰宅する前」に必ず教習所で確認して下さい。
  • 一時帰宅の際の交通費は出ません。
  • 一時帰宅中でも宿泊の保証日数にカウントされますのでご注意ください。
  • 仮免学科試験が3回不合格の場合は、一時帰宅(交通費は自費)仮免許を地元の運転免許試験場で取得してから再入校になりますので、仮免学科試験にできるだけ一発で合格するように努力しましょう。

お問い合わせ先

即日、資料発送いたします。

電話で問い合わせ 入校お申し込み オンライン資料請求 空室確認
menu