合宿免許のスケジュール表や教習について

合宿免許のモデルスケジュール、卒業までのまとめ

合宿免許のモデルスケジュール

普通車ATは15日間、MT車は最短17日間で最短卒業可能

合宿免許の教習スケジュールは技能と学科が効率よく組み込まれており、最短期間で卒業できます。 特に春休みや夏休みの混雑時期はご自身で乗車予約を取る事が困難ですが、 合宿免許であれば短期集中で毎日教習を受けられるため混雑時期こそメリットがあります。

スケジュールはこうして決められる

教習所を卒業するためには法律で定められた学科と技能の教習項目を全て履修して、検定試験(修検、卒検)に合格する必要があります。 そして1段階の技能は2時限/1日、2段階は3時限/1日、学科は10時限/1段階、16時限/2段階までと決められおり、 それを上手く振り分けていくと、合宿免許の最短期間(AT車15日間)が出来上がります。 従ってその期間より短縮して卒業する事はできません。

普通車ATのスケジュール

日程 朝食 1時限 2時限 3時限 4時限 昼食 5時限 6時限 7時限 8時限 9時限 夕食
時間                        
1日目         入校 食事 適正 学科 実技 実技   食事
2日目 食事       学科 食事 実技 実技 学科     食事
3日目 食事     学科 実技 食事 実技   学科     食事
4日目 食事   学科 学科 実技 食事 学科 実技 効果
測定
    食事
5日目 食事     実技 学科 食事 実技 学科     効果
測定
食事
6日目 食事   効果
測定
    食事 学科 実技 実技     食事
7日目 食事 修了検定 食事 仮免学科       食事
8日目 食事 学科 学科 学科   食事   実技 実技     食事
9日目 食事   実技 学科 実技 食事 実技 学科 学科 学科   食事
10日目 食事   学科 実技 実技 食事 学科 学科   学科 実技 食事
11日目 食事   実技 実技   食事 応急救護 実技   食事
12日目 食事   実技 実技 学科 食事   実技 学科     食事
13日目 食事   効果
測定
実技 実技 食事   実技       食事
14日目 食事   実技     食事 実技         食事
15日目 食事 卒業検定   食事 卒業式        

※スケジュールは一例になります

アイコンの見方

  • 実技

    1時限50分の実技教習を行います。

  • 学科

    1時限50分の学科教習を行います。

  • 食事

    校内のレストランで無料で食べられます。

  • 応急救護

    グループで行い、ビデオ講習、人口呼吸、心臓マッサージなどを学びます。

  • 効果
    測定

    今まで学んだ学科の内容の効果は図る模擬テストになります。

  • 適性
    検査

    視覚・聴力・運転に適性のある性格の検査になります。

  • 修了
    検定

    第一段階の技能最終試験になります。仮免許取得に必要な技能試験です。 ※乗り越しなどなければ、入校から7日目に行います。

  • 仮免
    学科

    第一段階の学科最終試験になります。修了検定に合格すると受けられます。※仮免学科試験に合格すると仮免許を取得することができます。

  • 卒業
    検定

    技能の最終試験になります。今まで学んだ運転技術の達成度を見極めます。

  • 卒業式

    卒業検定合格後、教室にて卒業証明書を受け取ります。

  • 上記教習スケジュールは一例です。個人差により日数が延期になる場合があります。
  • レクリエーションは繁忙期を除きます。

時限数

普通車AT

所持免許 技能教習 学科教習
所持免許なし/原付免許 31時限 26時限
普通2輪 29時限 2時限

普通車MT

所持免許 技能教習 学科教習
所持免許なし/原付免許 34時限 26時限
普通2輪 32時限 2時限

入校から卒業までの流れ

視力検査

入校するとまずは適正検査という視力や聴力、運転に関する性格判断などを行います。教習所や合宿生活する上での校則などの説明があり、その後は学科試験、技能と順に行っていきます。 合宿初日はアレヨアレヨと何もわからず忙しい時間が過ぎていく感じでしょう。もちろん途中で昼食、夕食は出ます。 スケジュールは1段階と2段階に分かれており、1段階の終わりの修了検定と仮免学科試験、2段階(路上教習)の終わりの卒業検定に合格しないと教習所を卒業できません。
順調に教習が進んだ場合は修了検定と仮免学科試験は7日目、卒業検定は15日目に実施されます。
もっと詳しく見る

卒業後の免許証交付について

卒業式

運転免許証は教習所では発行していません。 教習所卒業後は住所地の運転免許試験場で、適性試験、学科試験(本免)に合格しませんと運転免許証をもらえません。(本来ある技能試験は指定自動車教習所を卒業していれば免除されます) 試験場に行く時は「卒業証明書」を忘れずに持参しましょう。 忘れた場合は技能試験免除の証明ができません。また教習所卒業後は出来るだけ日にちを明けずに試験場へ行く事をおすすめします。教習所で学んだ知識を忘れてしまうと、学科試験は受1かり辛くなります(学科試験は100点満点で90点以上で合格)。焦って失敗しないためにも当日は時間に余裕をもって試験に臨みましょう。
もっと詳しく見る

延泊せず、順調に教習進めるために必要な事

技能オーバー、検定不合格で延泊する場合もある
技能教習は毎回課題があります。例えば目標に合わせた停止、坂道の通行、狭路の通行、踏切の通過、方向変換および縦列駐車など、各々の課題をクリアしていかないと次のステップに進む事ができません。 もしクリアできない場合は、その課題を当日または翌日に再履修するため、 数回再履修が続くと必然的に卒業期間は延長され、延泊になります。 もちろん教習所としては全員が最短期間で卒業できる事を目指し教習指導を行いますが、中には延長になってしまう方もいます。

教習風景

自らウィークポイントを見つけ対策する
客観的に自分の運転を分析出来ていない人ほど技能オーバーになりやすいです。 もちろん指導員は細かく指導をしますが、ご自身がどうしてそういった指導を受けるのか分からないと意味がありません。例えば坂道発進で後ろに下がる原因としてはクラッチ操作が苦手という点が考えられますが、そこで大切な事はクラッチ操作のどの部分が苦手なのか自ら考える事です。左足のペダルが踏み足らずギアが入らないのか?そうではなく半クラッチの感覚が分からないのか?原因は何個かあるはずです。またクランクでは縁石に乗り上げる失敗がありますが、これは内輪差が分かっていないのか?内輪差が分かっていないという事は、基本の車幅が頭に入っていないのか?自分の運転を俯瞰し原因を探ってみましょう。時には指導員に質問することもアリです。そして指導員の意見と合わせながら教習を進めると上手くいくと思います。

毎日の自習が合格に繋がる
技能は上手くいっても、仮免学科試験で不合格になるパターンはあります。 教習所では運転さえしっかりできればOKと思っている方が多いですが、運転マナーや道路交通法を学ぶ学科の授業こそ大切です。そしてその学科の授業の最終結果が学科試験という形で表れます。
学科試験対策としては「自主学習」を毎日やる事に限ります。
指導員は試験に出る大切なポイントを教えてくれますが、覚える内容が膨大で、まして合宿期間の2週間で暗記するとなると、授業だけでは一発合格は難しいです。 勉強の仕方としては教科書の重要なポイントにアンダーラインを引く、標識や標示などの似ているマークは単語帳をつくるなど自分なりの工夫が必要です。工夫するという行為は積極的な意思の表れですので、授業で聴いた内容が更に深く頭に入ることでしょう。 いつ勉強するかは、教習の空き時間と寝る前がベストです。1日のスケジュールは技能と学科を合わせても6時限位でで、それ以外は空き時間になりますので、結構勉強に割ける時間はあります。 また寝る前は記憶力を高めるのに効果があると言われていますので、昼間勉強した事を思い出してみてください。毎日コツコツ1時間でいいので、自主学習に励む事で着実に知識が積み重なります。 これで学科試験も怖くありません!

  1. 合宿免許の那須高原合宿予約センターTOP>
  2. 合宿免許とは>
  3. スケジュールについて

お問い合わせ先

即日、資料発送いたします。

電話で問い合わせ 入校お申し込み オンライン資料請求 空室確認
TOPへ