合宿免許で準中型免許を取得できる教習所の案内。北海道から沖縄まで全国からご予約受付中。合宿免許の那須高原合宿予約センター

那須高原合宿予約センター
料金表

準中型免許

  1. >
  2. >
  3. 準中型免許
準中型教習車

準中型免許が取得できる教習所

11月〜1月入校各月先着10名様です。お早めにお申し込みください。

準中型免許新設について

平成29年3月12日に免許区分が改正され、新たに準中型免許が出来ました。
準中型免許は普通免許と中型免許の間に位置づけされた免許で、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満、最大積載量2トン以上4.5トン未満、乗車定員10人以下の自動車が運転できます。 具体的な自動車を挙げると、引越に使用する小型トラック、コンビニの配送車、保冷車等になります。
準中型免許は普通免許と同様18歳の高校生から取得できますが、普通免許より運転できる車の範囲が大きいので運送業界に就職や転職を考えている方に人気の車種です。
実家にトラックがあるから必要かも、就職先でトラックの運転が必要など、普通車より大きな車を運転する可能性がある方は、準中型免許の取得を検討してもいいと思います。
準中型免許を取得すると、普通車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができます。

準中型免許の教習時限数

所持免許なしの方が準中型免許を取得する場合、合計41時限の技能教習を行います。
技能教習は普通乗用車で28時限、重中型トラックで13時限と二つの教習車で行い、それぞれの車種の特性を理解する必要があります。また学科は27時限受けます。
これは準中型免許が普通免許の上位免許に当たり、より高度な運転技術が求められるからです。
普通MT免許を所持している方は技能は13時限、学科は1時限の教習になります。また3月12日の法改正前の普通免許を所持している方(準中型5t限定免許所持の方)は技能4時限と検定試験(限定解除)で教習所を卒業可能です。

準中型免許を合宿で取得するメリット

合宿免許は法律で規定された受講しなけばならない技能、学科教習を毎日連続で行うため無駄がありません。教習スケジュールは、通学のように自分で乗車予約する必要がなく、最短で卒業できるように組まれているため時間のロスがありません。短期間で集中的に技能を行い運転技術を身に付け、その技能を身体が覚えている間に検定試験まで一気に進むため、多くの方が最短日数で卒業することができます。
また合宿免許なら通学のように卒業までに1ヶ月以上かかる事もないため、会社で急に準中型免許が必要になった場合でもすぐ対応できます。
18歳の方が初めての準中型免許を取る場合は、ハンドルを握った事がないため、乗越しや検定で失敗しないか不安かと思います。
合宿免許の安心コースは卒業まで保証があるため、何度乗越しや検定で失敗しても追加の料金はかかりません。合宿料金は技能教習料、学科教習料、宿泊費、検定料、食事代、保険料が一緒になっており、基本的に最初に払った費用だけで卒業が可能です。食事も毎日3食付いているため健康的に合宿生活を過ごすことができます。また卒業時には交通費も支給されるので、教習所が遠いからという理由で合宿参加を諦める必要はありません。 このように合宿免許は初めて準中型免許にチャレンジする方におすすめです。

合宿免許でオススメの宿泊施設

準中型免許を合宿免許で受ける場合、卒業までにかかる最短日数は18泊(所持免許なし)です。
長い期間を教習所の宿泊施設に泊まり、不慣れな環境で教習を受けますので、ストレスを貯めがちです。
従って普段の生活と同じレベルの部屋タイプを選べば、ストレスを感じる事なくお過ごしいただけると思います。
おすすめの宿泊施設は那須自動車学校の那須ホテルです。
那須ホテルは教習所校舎の隣りにあるので、教習を受ける移動の手間がなく、教習後もすぐ部屋に戻れるので空き時間を有効活用できます。
またシングルルームなので、勉強机、ベッド、お風呂、トイレ、冷暖房、洋服掛け、テレビ、wifiなどは全て一人で利用ができます。
備品や設備を共同利用する相部屋より快適な環境で合宿生活をお過ごしいただけます。
他の合宿生と共用するスペースには軽食やジュースの自動販売機やコインランドリー、パソコン、ソファーがあり、ゆったりおくつろぎいただけます。

お問い合わせ先

即日、資料発送いたします。

電話で問い合わせ 入校お申し込み オンライン資料請求 空室確認
menu