合宿免許なら海やプールが近いところがおすすめです

自動車免許を取得する時は、海やプールが近くにあるところを選ぶと楽しく取得できます。合宿免許の場合などは、空いている時間に海やプールに行けるので、知り合った仲間と仲良くなることもできるでしょう。実際に海やプールの近くに自動車免許を取得できる学校は多々あります。普通に通っているとなかなか時間がないのですが、合宿免許だからこそ楽しめるということもあるので、積極的に楽しんでみてはいかがでしょうか。
続きを読む

合宿免許に参加すると、スキーやスノーボードが楽しめます

自動車免許などを取得する時、合宿免許にする方も多いです。そんな合宿免許の中には、ゲレンデの近くで取得できるものもあります。ゲレンデの近くにある場合、実は空いている時間にスキーやスノーボードを楽しむことができる場合があります。
自動車免許を取得しに来ているのに、リゾートで楽しむこともできるということで、近年はバカンスも兼ねて自動車免許を取得しに行くという方もいます。ゲレンデ近くにある教習所は便利で楽しいため、遠方から参加する方にも人気があるのです。実際に多くの方が利用していて、ゲレンデの楽しさも満喫しつつ、自動車免許もしっかり取得していく方が多いです。そこで、今回は合宿免許の中でも、スキーやスノーボードが楽しめる合宿免許について紹介します。
続きを読む

合宿免許の場合、本免学科試験は免許センターで受験します。

仮免学科試験で出題される問題とは

通常の通学スタイルと同様、合宿免許でも、自動車免許取得の前に仮免の取得が必要です。通学と合宿免許で出題内容が変わることはありませんので、通いやすいほうを選びましょう。講義を受けたばかりの状態で試験が受けられる分、合宿免許の方がスムーズかもしれません。
続きを読む

合宿免許は最長でも1ヶ月程度で免許を習得することができる。

合宿で免許を習得するまでにかかる期間

合宿免許はとても効率よく自動車の免許を習得できる方法となっています。最短では普通車ATの場合で14泊、普通車MTの場合でも16泊となっているのです。このように短期間で免許取得を目指したい方にとっては合宿免許というのはとても都合の良い機会となっています。
続きを読む

合宿免許を最安値で申し込めばお得に免許が取得できます。

免許取得にかかる費用

自動車の免許を習得するためにはさまざまな費用がかかります。まず自動車学校に入るために入学金を支払うことになります。学科を受けるためには学科教習料を支払い、技能を受けるためには技能教習料を支払います。さらに技能検定の料金もかかります。効果測定料や適性検査料、教材費、保険料なども必要となるでしょう。これに加えて合宿免許ならば宿泊費用も払わなければいけません。
続きを読む

合宿免許中の効果測定のための勉強をきちんとやっておこう。

効果測定とは

合宿免許に参加するならば、必ず受けることになるのが効果測定というテストです。こちらは学科教習の第一段階を終えた後に受けることになります。仮免の前に行われるテストであり、修了検定のための模擬試験といえるものです。この効果測定に合格して、さらに修了検定にも合格することができれば、仮免試験の受験資格が得られるという仕組みです。そのため効果測定を突破しなければ合宿免許で先に進めなくなってしまうのです。確認のための試験といえます。
続きを読む

合宿免許は技能オーバーによって期間が延びてしまいます。

合宿免許で技能オーバーをする人はどのくらいいるのか

合宿免許では短期間で車の免許を取るための講習を受けることになります。講習には学科講習と技能講習が存在しています。1時限ごとに認定が行われて、そこで問題があると認定されないのです。その場合はもう一度同じ講習を受けることになり、これは教習オーバーと呼ばれています。合宿免許では最短期間が宣伝されていることが多いですが、それは一度も教習オーバーをしなかった場合の話なのです。
続きを読む

テニスやゴルフ等のスポーツ好きの方の合宿免許

合宿免許空き時間は結構あるので、以外と暇を持て余します。
特に大学のサークル仲間で参加された方やいつも身体を動かしていた方は、暇でうずうずしてしまうのではないでしょうか?
また合宿免許は教官が毎日隣りに座って教習するので緊張の連続、学科教習は長時間座りっぱなしで疲れると思います。
そんな方におすすめなのが、テニスコートや体育館、ゴルフ、フットサル、スポーツジム、プール施設を利用できる合宿教習所です。
合宿生活でちょっとストレスを感じたら、友達と汗を流して気分転換するのも良し、学科の授業もこれで眠気が覚めてバッチリだと思います。
スポーツプランがある学校は少ないですが一部の県では実施していますので紹介します。
続きを読む

社会人のための合宿免許講座

「社会に出てもどうせ電車移動だし、運転免許なんて必要ないな」なんて思っている方は結構いるもんです。
しかし合宿に来られた方に話を聞くと「急に会社で運転免許が必要になった」「地方に来たら車がないと何もできない」「免許失効したので急いで取りたい」など、社会に出てからも運転免許が必要になる状況は多々あります。
通学でも運転免許取得は可能ですが、普通車ATなら技能教習と学科教習合計57時限もかかりますので、会社を午後6時にあがって1日頑張っても2コマ(1コマ50分)が限度、そうすると免許取得まで3~4ヶ月は覚悟しなくてはいけません。
最初は頑張って毎日通う人もいますが、1段階途中で辞めたり、また検定で何回も失敗して諦めたり、結果的に「お金も時間も無駄になった」という社会人の方は結構います。
そうならないためにも思い切って「合宿免許を狙う」のもありです!では具体的に「選択肢としてあり」か考えていきましょう。
続きを読む

合宿免許が辛くて帰ってしまう前に

column826
合宿免許って未知の世界ですよね。
合宿生の卒業生のアンケートを見てみると、「2週間あっと言う間だった」「飯美味かった」「先生にまた会いたい!」なんて良い事を書いてくれる生徒さんも
いれば、「すげーきつかった」「帰りたい」「先生最悪」という悪い話があるのも事実で「楽しいと辛い」の二極化があるのが合宿免許です。
悪い話が出てくるという事は、やっぱり「辛い体験」をしてしまったからだと思いますが、
では合宿免許は実際、どういった点が「辛い」のか?その解決方法はあるのか?
既に合宿で入校している方、これから合宿を検討している方、両者とも参考になればと思いまとめてみました。
続きを読む