カテゴリー別アーカイブ: 合宿免許

合宿免許のパンフレットの手に入れ方と記載内容

合宿免許のパンフレットはどこでもらえるのか

合宿免許のパンフレットが欲しいとき、資料請求は誰でも無料でする事ができます。全国の合宿免許を幅広く紹介している総合窓口の他、教習所に直接問い合わせてもパンフレットを送ってもらえます。
総合窓口のパンフレットは一つの合宿免許に偏らず、様々な教習所をいくつも掲載しています。そのため合宿免許に興味はあるものの、行くかどうかはまだもう少々検討したいという段階にある人にお勧めです。合宿免許がどういうものであるかを知るためにも、ちょうど良い参考資料にできるでしょう。

続きを読む

合宿免許の選び方のポイント

合宿免許が可能な自動車学校を案内している仲介業者や紹介サイトは沢山ありますが、どこに申し込めば良いのか悩んでしまう人も少なくありません。
一番気になる教習料金と宿泊料金を含めた合宿料金は合宿免許のサイトなどを見れば分かりますが、料金以外の教習プランや宿泊施設または交通費が出るかどうかについての情報は意外と見落としがちです。
教習料金が安くても教習所の内容や評判は様々です。自動車学校に入校してから後悔しないためにも施設の充実度や教習プランの内容、入校後どんな特典があるかなど、できるだけ多くの情報を集める事が大切です

続きを読む

自由時間は漫画や雑誌でリラックスしよう

空き時間はリラックスしよう

合宿免許の期間中には、一日のうちのどこかで必ず空き時間が出てきます。空き時間とは学科教習も技能教習も入っていない自由な時間のことです。
空き時間に勉強することも大切ですが、勉強ばかりでは疲れてしまうので、時には気分転換やリラックスする事も大切です。

続きを読む

合宿免許での空き状況の確認方法と早めに予約をするメリット

合宿免許の空きを確認する理由

合宿免許は基本的に定員制となっており、どの自動車学校でも「入校枠」という1日に入校できる人数が設定されています。
なぜなら、合宿免許を行っている自動車教習所の指導員の人数や1日の教習時限数または宿泊施設の部屋数に限りがあるためです。したがって、定員に達した場合には入校することができません。
それでは、どのようして教習所に入校できるかどうかを知ることができるのでしょうか
それは、入校日の空き状況を予約前に確認することです。予約前に空き状況を確認することでスムーズに合宿免許の予約をすることが可能となります。
それでは空き状況の確認はどのようにしたらいいのでしょうか。見ていくことにしましょう。

続きを読む

合宿免許で同時に大型特殊とけん引免許を取得する

すぐに仕事に活かせるプロ免許を取得するなら、格安で短期取得を目指せる合宿免許がおすすめです。なぜなら、都市部の教習所では 大型車の教習に必要なコースや教習車両の台数確保が難しく、入校制限されることもあるためです。
また、合宿免許なら大型特殊免許とけん引免許両方を同時に取得することも可能です。
現在、大型自動車の免許や中型自動車免許を持っていて、大型特殊免許とけん引免許両方を取得すると業務の幅がかなり広がりますよ。

続きを読む

合宿免許の場合、本免学科試験は免許センターで受験します。

仮免学科試験で出題される問題とは

通常の通学スタイルと同様、合宿免許でも、自動車免許取得の前に仮免の取得が必要です。通学と合宿免許で出題内容が変わることはありませんので、通いやすいほうを選びましょう。講義を受けたばかりの状態で試験が受けられる分、合宿免許の方がスムーズかもしれません。
続きを読む

合宿免許は最長でも1ヶ月程度で免許を習得することができる。

合宿で免許を習得するまでにかかる期間

合宿免許はとても効率よく自動車の免許を習得できる方法となっています。最短では普通車ATの場合で14泊、普通車MTの場合でも16泊となっているのです。このように短期間で免許取得を目指したい方にとっては合宿免許というのはとても都合の良い機会となっています。
続きを読む

合宿免許中の効果測定のための勉強をきちんとやっておこう。

効果測定とは

合宿免許に参加するならば、必ず受けることになるのが効果測定というテストです。こちらは学科教習の第一段階を終えた後に受けることになります。仮免の前に行われるテストであり、修了検定のための模擬試験といえるものです。この効果測定に合格して、さらに修了検定にも合格することができれば、仮免試験の受験資格が得られるという仕組みです。そのため効果測定を突破しなければ合宿免許で先に進めなくなってしまうのです。確認のための試験といえます。
続きを読む

社会人のための合宿免許講座

「社会に出てもどうせ電車移動だし、運転免許なんて必要ないな」なんて思っている方は結構いるもんです。
しかし合宿に来られた方に話を聞くと「急に会社で運転免許が必要になった」「地方に来たら車がないと何もできない」「免許失効したので急いで取りたい」など、社会に出てからも運転免許が必要になる状況は多々あります。
通学でも運転免許取得は可能ですが、普通車ATなら技能教習と学科教習合計57時限もかかりますので、会社を午後6時にあがって1日頑張っても2コマ(1コマ50分)が限度、そうすると免許取得まで3~4ヶ月は覚悟しなくてはいけません。
最初は頑張って毎日通う人もいますが、1段階途中で辞めたり、また検定で何回も失敗して諦めたり、結果的に「お金も時間も無駄になった」という社会人の方は結構います。
そうならないためにも思い切って「合宿免許を狙う」のもありです!では具体的に「選択肢としてあり」か考えていきましょう。
続きを読む

合宿免許が辛くて帰ってしまう前に

column826
合宿免許って未知の世界ですよね。
合宿生の卒業生のアンケートを見てみると、「2週間あっと言う間だった」「飯美味かった」「先生にまた会いたい!」なんて良い事を書いてくれる生徒さんも
いれば、「すげーきつかった」「帰りたい」「先生最悪」という悪い話があるのも事実で「楽しいと辛い」の二極化があるのが合宿免許です。
悪い話が出てくるという事は、やっぱり「辛い体験」をしてしまったからだと思いますが、
では合宿免許は実際、どういった点が「辛い」のか?その解決方法はあるのか?
既に合宿で入校している方、これから合宿を検討している方、両者とも参考になればと思いまとめてみました。
続きを読む