合宿免許は混雑する時期をさければ激安

518

合宿免許は混雑する時期と空いている時期で料金が異なるのをご存知ですか?
教習所は2月、3月、4月前半までの春休み、7月中旬、8月、9月前半までの夏休みは学生が沢山入校する時期でいわゆる「繁忙期」と言われています。
そしてそれ以外は「閑散期」と呼ばれ、教習生が少ない時期です。
繁忙期は合宿免許とは関係なしに全国のほとんどの教習所で高い料金設定になっています。
閑散期は一気に料金が安くなります。
教習内容や保証に関しても時期によって変わる事がないので、閑散期を狙えば普通車なら20万円以下で取得可能です!(閑散期は普通車と同様バイク免許も安くなる教習所が多いです)
ここでは繁忙期と閑散期の合宿料金について詳しくご説明いたします。


繁忙期の特徴と料金について

特に夏休みより春休みの方が混雑しています。理由としては主に二つ挙げられます。
1.春休みの方が期間が長いため合宿で免許が取りやすいから。
2.地元の高校3年生が就職や進学前に免許を取ろうと入校するから。

合宿生と地元高校生が入り交じった時期で、全国のどの教習所でも年間で一番忙しく混雑している期間になります。
しかし、混雑しているからと言って卒業できる日が延びるわけではありません。
合宿免許は混雑状況にかかわらずその人の最短スケジュールを組むので普通車ATなら14泊、MT車なら16泊で卒業できるようになっています。
一方、地元の人の場合はキャンセル待ちや乗車予約が困難と言われています。

繁忙期期間でも料金は一定ではありません。
春休みで言えば2月の上旬から3月の上旬はトップシーズンと呼ばれ普通免許の場合は30万円超え一番高い時期です。
1月下旬と3月中旬が約26万になります。
夏休みで言えば8月の上旬から中旬にかけて一番高く約29万円で取得可能です。
次に高い時期が7月下旬と8月下旬で約26万になります。
料金は夏休みの時期が少し安いですが、乗り越しや延泊の事を考えるとやはり30万円以上は用意しておいた方がいいでしょう。またシングルやツインルームを利用する場合は部屋代がプラスされます。

閑散期の特徴と料金について

学生がいなくなり、30代~50代の一般の方が教習している姿が見られます。
教習指導員も出勤している人が少なくなり、教習所としてはオフシーズンになります。
この時期の主な特徴は下記の3点です。

地元生は乗車予約が取りやすくいつでも乗れる
合宿免許の料金がぐっと下がる
色々なキャンペーンや企画がある

教習所はとにかく免許を取る人がいなくなるので、料金を下げる事で合宿に来てもらおうと考えています。
特に5月~6月、10月~11月は静かな環境でゆったりスムーズに教習を受けることができます。
4月はまだ春休み3月後半に入校した教習生や検定で不合格の方が残っているので、意外と混雑しています。
9月も同様で、8月下旬入校の方がまだまだ教習している状況です。

合宿料金は繁忙期に比べ8万円~12万円近く下がる場合もあります。
全国的に4月初旬から7月前半、9月中旬から11月下旬は20万円以下で普通免許が取得可能です。
更にシングルルームやツインルームが無料で利用できたたり、温泉付プラン等があり安いだけけでなく特典も沢山あります。
食事なしの自炊プランを利用すれば15万円台で取得できる教習所もあります。
傾向としては東京都心、大阪等の大都市から離れれば離れるほど合宿料金は安くなるので、思い切って遠出する事も検討してみて下さい。その際は交通費が全額出るかチェックしましょう!
従って総合的に見れば5月~6月、10月~11月は一番コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

閑散期と繁忙期の料金比較

スケジュールが調整できれば安い時期を狙うのがオススメです!
繁忙期でも安い期間があるのが判りますね。

image

豆知識:学生が多い春休みと夏休みでは客層が違い、どちらかというと春休みの方が混雑します。

①春休みのお客様は高校生3年生が主流、大学生は少ない

高校生は3年生にならないと取得できません。また高校の免許取得解禁日があるので、それ以降でないと教習所に通うことができません。
就職や進学のことを考えるとどうしても春休みを利用する方法がないため、春休みに集中します。

②夏休みのお客様は大学大学1~3年生が主流

大学生活は4年間ありその期間に取ればいいと考えている方がいるため、春か夏休みの両期間で免許取得できます。どちらからというと料金が安い夏休みを利用する方が多いです。
また近年は大学1、2年で免許取得する人が増えています。これは大学4年生は就職活動で忙しいため免許取得が難しいからでしょう。

まとめ

リーズナブルでお得なのは断然、閑散期(5~6月下旬、10月~11月下旬)です。また安いからといって教習内容に違いがあるわけではないのでご安心下さい。
学生で休みが取れない場合は、繁忙期でも若干安い期間を狙うのも手でしょう。安い時期を狙うのは皆さん一緒なので、入校の2ヶ月前には予約した方が確実です。